朝のアミノコラーゲンが、毎日のルーティンに加わってしまいました

駅近くのドラッグストア前を通りかかったとき、なんとなく店先に出ていた商品を見ていると、突然知らない女性に話しかけられました。
「これこれ!安いよね!」と、それは、アミノコラーゲンの粉末状サプリでした。
「え〜・・・そういうのは普段飲まないので、よく分からないです。」というと、その方はサッサとお店の奥に入っていき、また戻ってくると
「これね〜、やっぱり、いつも飲んでるメーカーのよりも安いよ。私、ずっと続けてる!娘は40代!ねぇねぇ、私、何歳に見える?」と、かなりなハイペースで話していらっしゃいます。
でも、なんか可愛らしくて楽しい雰囲気の方で、私も嫌ではなかったので
「う〜ん・・・年齢は分かりませんけど、とても40代のお子さんがいらっしゃるようには見えないです。」と、本当の気持ちを言いました。
するとその方は大喜びして
「私、67歳!見える?」と、おっしゃいました。
「え〜!見えません!本当に!」と言うと、さらにテンション高くなり、大喜びしていらっしゃいました。
びっくりしたけれど、正直、これだけ明るく若々しくいられるのって、素敵だな〜と、感化されてしまった私です。
それ以来、毎朝、この時購入したアミノコラーゲンをティースプーン1杯分をお湯に溶かして飲んでいます。
良い効果が出るといいな〜、と期待しながら。

現代社会にも通用する近代文学の世界へようこそ!

夏目漱石・太宰治・芥川龍之介といった有名作家は世の中に、たくさんの作品を送り出しました。これらの作品をまとめて近代文学と呼びます。最近では夏目漱石ブームや蟹工船ブームが起こったことを記憶している方は少なくないのではないでしょうか?近代文学はほとんど現代語に近い文体・単語で書かれているため、誰でも気軽に読めることが大きな魅力です。しかし、そこに書かれた内容は現代社会にも通じる普遍性を持っています。社会での孤立・女性の自立・異文化の対立・商業主義と芸術の対立など、自分の生活や興味に関わる内容を扱う近代文学が必ずあるはずです。極論すれば、現代人の悩みは全て近代文学の中で描かれていると言っても過言ではありません。しかも、近代文学は作家・テーマごとの全集が最も充実している文学ジャンルです。そのため、自分の興味関心に関わる作品・作家を一気に読むことができます。これは古典文学にはない大きな魅力です。現代社会にも通用する近代文学の世界を楽しんでみてください。