人が汗をかくメカニズムとその種類について

汗は体温を一定に保つために、人間の体内に備わっている体温調整の一つの働きです。
体内の機能は36度前後が一番活発に働くので、それらを守るために汗をかくことは必要なことです。
特に脳は熱に弱いため、放熱して機能を正常に保てるように視床下部から交感神経に伝達され、汗腺に機能する仕組みとなっています。
また、汗は皮膚表面の皮脂と混ざって皮脂膜を形成することで、肌を乾燥などの外的刺激から守る働きがあります。

汗は皮膚にあるエクリン腺とアポクリン腺という汗腺から分泌される二種類に分けられます。
エクリン腺は体中に存在していますが、血液中の水分を元にして作られているため、無味無臭であることが特徴です。
また、アポクリン腺は脇の下や外陰部などの限られた場所に存在しています。
基本的には分泌される汗は無味無臭ですが、含まれているたんぱく質が皮膚表面の細菌によって分解されて、特有の臭気を発することがあります。
基本的に汗の臭いの悩みとして挙がるのは、このアポクリン腺からの汗が原因といえます。めっちゃ贅沢フルーツ青汁 口コミ